高田世界館

明治生まれ、日本最古級の映画館! 高田の街と映画の歴史を紡ぐ場所

2023.03.31. 公開

明治44年築、日本最古級の映画館として現在も映画を上映中。
高田の街のレトロな側面を象徴する歴史遺産として、観光客も多く訪れる施設です。

高田世界館について

高田世界館は明治44年(1911年)築の、現存する日本最古級の映画館として知られており、国の登録有形文化財・近代化産業遺産にも指定されています。

現在も新作を中心に、世界各地の珍しい作品や不朽の名作などを上映しており、県内外から映画ファンが訪れる施設となっています。

誰もが知るような超大作などを上映することはありませんが、小回りが効くことを利点としてゲストによる舞台挨拶やトークイベントも頻繁に開催しており、映画を生きた文化として地域に普及させるような取り組みを行っています。

また周辺地域の活性化を目的として、街の情報をSNS上で発信したり、映画館前の広場でイベントを開催したりとまちづくりにも携わっています。

近年では観光施設としてもPR中。大手旅行会社のバスツアーなどで国内外の観光客が訪れる施設にもなっており、高田の歴史を象徴する施設として熱視線が注がれています。

高田世界館 新潟県上越市 シゴトバカタログbyあどば

このフィルム映写機はいまだ現役。通常営業時も映画上映の合間の時間に見学を受け入れています

当館ではその雰囲気を活かして音楽・落語・演劇などの各種イベントも企画されます。元々は芝居小屋(劇場)としてスタートしたことから相性はバッチリ。有名なアーティストによるコンサートが開催されることもあります(貸館利用も随時受付)。

.

高田世界館
2024年6月のおすすめ作品!

フジヤマコットントン |6/1(土)〜6/14(金)

フジヤマコットントン |6/1(土)〜6/14(金)

障害福祉サービス事業所「みらいファーム」で働く人々の姿を見つめたドキュメンタリー。花の世話をしたり、絵を描いたり、布を織ったりと、思い思いのときを過ごす障害を持った人々。彼らの友情、恋心、喪失とそこからの回復など、他者との関わりの中で醸成されていく感情と言葉を丁寧に記録している。

ロッタちゃん はじめてのおつかい|6/8(土)〜6/14(金)

ロッタちゃん はじめてのおつかい|6/8(土)〜6/14(金)

「長くつ下のピッピ」で知られるスウェーデンの国民的童話作家アストリッド・リンドグレーン原作で、2000年に日本公開時大ヒットを記録したスウェーデン映画「ロッタちゃん」シリーズが、今回2Kリマスターとしてリバイバル。前作にあたる『ロッタちゃんと赤いじてんしゃ』も6月15日(土)より公開。

この他にも傑作・秀作目白押し!
上映作品およびスケジュールは当館Webサイトにてご確認ください。

高田世界館からのお知らせ

さて、だんだん日差しが強まってきて、半袖で過ごす日も出てまいりました。
ゴールデンウィークの賑やかさもすっかり落ち着いた頃ではありますが、6月の高田世界館は舞台挨拶がつづきます!!

今月のおすすめ作品でも紹介いたしました、6月1日(土)より公開の『フジヤマコットントン』は、公開初日に本作監督の青柳拓さんによるトークショーがございます。


また、6月16日(日)公開の『かづゑ的』も、公開初日に監督の熊谷博子さんによる舞台挨拶がございます。
本作品は、瀬戸内海にある国立ハンセン病療養所・長島愛生園で、10歳から約80年暮らしている宮崎かづゑさんの人生を追ったドキュメンタリー映画です。

いずれも監督による制作への思いや、撮影秘話を直接聞くことができる貴重な機会となっております!
お楽しみに!

今月も、皆様のご来場をお待ちしております。

(2024/5/31 by やまだ)

シゴトバ情報

高田世界館

明治生まれ、日本最古級の映画館! 高田の街と映画の歴史を紡ぐ場所

所在地

〒943-0832 新潟県上越市本町6丁目4-21

電話番号
025-520-7626
代表者
支配人 上野 迪音
業種
娯楽業
事業内容
映画館
Webサイト
http://takadasekaikan.com/
SNS
業種別一覧へ 事業所名一覧へ 地域別一覧へ

このシゴトバが「イイね!」と思ったら…
アンケートフォームから応援コメントをお寄せください。アンケートをお送りいただいた方には
抽選でステキなプレゼントが当たります!

このページのURLをコピーする