市川建設株式会社

地域のインフラを「つくり」、使い続けていけるよう「守り」「補修する」

2024.04.10. 公開

日本のライフラインを守るという仕事に邁進

当社は1941年に砂利採取業として創業し、地域のインフラを整備する土木事業へ進出。
人々の暮らしを快適で安全にするを使命に邁進してまいりました。

現在は公共工事をメインとした土木事業下水道管路メンテナンス事業を展開しております。

需要拡大を見越し、新たな経営の柱を確立

代表取締役社長の市川雅樹と申します。

大手ゼネコンに就職し5年ほど土木技術者として現場を経験。
25歳のときに上越に帰郷し、祖父が創業した市川建設株式会社へ入社しました。
現場からスタートし、管理業務などを父から引き継ぎ、2006年に代表取締役社長に就任しました。

当社の特徴は下水道管路のメンテナンス事業を専業とする水工部があることです。
今後、下水道メンテナンスの需要が高まるはずと、2009年に新規事業として参入しました。

ですが、上越エリアの下水道はまだ新しいものが多かったため需要はほとんどなく、土木工事の合間に行う程度のものでした。しかし土木事業はこの先、衰退が懸念されている業界。もう一本、経営の柱になるものが欲しいと、2014年ごろから本格的に営業活動に事業に取り組むことにしました。

全国的にも専業としている会社が少なく、東京を中心とした関東圏であれば需要を見込めるはずと関東を中心に営業をかけることに。経験者の少ない事業ですが、土木工事で得た知識を活かすこともでき、需要に合わせながら社員も増員。関連企業の展示会などで出会った会社との縁もあり、先輩企業から現場経験を積むチャンスをいただくなど実績を重ね、現在は関東圏を中心に全国から依頼をいただくようになりました。

下水道メンテナンス事業にいち早く取り組んだことで、技術やノウハウを蓄積でき、ここ上越エリアでは下水道管路メンテナンスのパイオニア的存在になることができました。

目標は「全国へはばたく」
高い機動性と豊富な経験を武器に、全国からの依頼に応える下水道メンテナンスの特殊技術集団を目指しております。

地域のインフラを支える事業

土木部

上越市内を中心に道路整備、護岸工事、地すべり防止工事や橋梁の補修、下水道の敷設、冬期は上越市内の除雪作業など請け負っています。

今後、インフラは新しくつくるから、今あるものをどう補修し使っていくかという時代に変わっていくと思います。
将来を見据え、当社ではインフラの維持・補修も手がけることで地域の暮らしを支えていきます。

水工部

生活インフラの一つ、下水道施設の内部を調査し補修するという特殊な仕事を請け負っています。
下水道の調査や清掃に必要な高圧洗浄車や強力吸引車、テレビカメラ車などを自社で所有し、迅速で正確な管路調査に努めています。

専門性の高い仕事のため、日本下水道管路管理業協会 に加入し、技術習得にも積極的に取り組んでいます。
メインは管路調査業務、補修・更生ですが、そのほか農業施設や道路側溝などの洗浄・吸引作業などもご依頼いただいております。

水工部の専用サイト では、より詳しい業務内容などをご紹介しております。是非ご覧ください。

市川建設はこんなシゴトバです

私が社長に就任したのは30歳とき。それから自然と私と年齢の近い人材が集まったのか社員の平均年齢は現在40歳と、とても活気ある職場になっています。

わからないことがあった時も、すぐに先輩に確認することができるなど社員同士のコミュニケーションも活発です。

土木部は19歳~60代と年齢層も幅広く、土木技術者や職人など13名が在籍しております。

水工部には24歳~50歳の14名が在籍。関東圏を中心に数日~2カ月程度の遠征仕事が多く、2~6名のチームになって作業にあたっています。
地元を離れた遠征期間は給与にも反映されるためモチベーション高く働けます。

仕事の幅を広げる資格取得も積極的に

土木施工管理技士や下水道管管路管理技士など、資格試験の受験費用はもちろん、外部講習会への参加など会社が全面的にバックアップしています。
とくに下水道メンテナンスは地上からは見えない部分を調査する特殊な仕事であり、年々、需要が高まっていく将来性のある仕事だと思っています。
県内外からの依頼に応えることで経験を積み、さらに高度な専門知識を必要とする資格を取得することで、将来の仕事の幅を広げることができると考えています。

仕事を楽しみながら、成長できる職場づくり

当社が大切にしているのは「人」「和」です。
仕事は一人でやっているわけではありません。チームワークも大切に日々の仕事に取り組んでおります。

モットーは仕事は楽しく、しっかり稼ぐ!
やりがいある仕事と十分な収入。この両輪が成り立つことが大切。

社員みんなが力を発揮できる仕事と職場づくりにこれからも努めてまいります。

シゴトバ情報

市川建設株式会社

地域のインフラを「つくり」、使い続けていけるよう「守り」「補修する」

所在地

〒943-0836 新潟県上越市東城町1丁目1-15

電話番号
025-523-4166
FAX
025-524-2886
代表者
代表取締役社長 市川 雅樹
業種
建設業
事業内容
・公共土木工事
・下水道管路維持(調査・清掃)
・造成工事
・維持・補修
・個人宅外構工事
・駐車場リフォーム
・建物解体工事(関連企業:市川工業株式会社)
・一般廃棄物処理(関連企業:有限会社安田商会)
従業員数
31人
資本金
2,000万円
創業・法人設立年
昭和16年 設立
Webサイト
https://ichikawa-kensetsu.com/
業種別一覧へ 事業所名一覧へ 地域別一覧へ

このシゴトバが「イイね!」と思ったら…
アンケートフォームから応援コメントをお寄せください。アンケートをお送りいただいた方には
抽選でステキなプレゼントが当たります!

このシゴトバの求人情報

  • あとで
    読む

    下水道メンテナンススタッフ【正社員】募集!!市川建設株式会社

    正社員

    下水道管路の調査とメンテナンスは専用カメラ車などを使い、老朽化による破損などをまずは調査して報告書を作成し、必要に応じた補修工事を国や地方自治体に提案を行い、自社で施工します。専門性が高くちょっぴり特殊ですが、全国で活躍できる可能性を秘めた、やりがいのある仕事です!未経験の方でも丁寧に指導いたします。

    • 車通勤OK
    • 未経験・初心者OK
    • 増員募集
    • 月給 240,000円 ~ 350,000

      月収 260,000円~450,000円可能!...

    • 高田地区[市街地南部]

      新潟県上越市東城町1丁目1-15

    • 2024/06/05 11:00 公開
    • 2024/07/05 11:00 掲載終了(予定)
    詳細を見る/応募する
このページのURLをコピーする